ぎっくり腰

こんにちは!Rise Bodyの柴崎です。本日は季

節の変わり目のこの時期に起こりやすい「ぎ

っくり腰」についてお伝えします。

まず、腰痛には一般的に「ぎっくり腰」と呼ば

れる急性腰痛症と痛みは軽度なものの強くな

ったり、ラクになったりを繰り返す慢性腰痛

があります。

一般的に寒くなる時期に多くなりがちなので

すがこの季節の変わり目や五月病などと呼れ

るようにメンタル的なストレスが出たり、疲

れが出やすい時期にも起こりやすいです。

特に明確な原因がないぎっくり腰は心因的ス

トレスが占めています。

腰痛の原因としては、

①気温の低下、寒暖差による冷え

②長時間同じ姿勢でいること(運動不足)

③疲労などによって筋肉が緊張して血流が滞り

しっかり筋肉を作り出す細胞に酸素や栄養素

が行き届かず凝りが発生する

ことなどが原因とされています。

腰は気付かないうちに疲労が蓄積しがちで、

そのままにしておくと負担がかかった状態

が続きぎっくり腰の原因になってしまいます。

疲労の蓄積に冷えや同じ姿勢でいること、運

動不足などの二次的要因が加わるとさらなる

負担が腰にかかり、その結果、何かの拍子に

突然激しい痛みを感じて動けなる「ぎっくり

腰」になってしまいます。

ちなみに海外では「魔女の一撃」と呼ばれて

います。

予防としては、

①身体を温め筋緊張を緩め血流の改善を促し

酸素や栄養を筋肉に届けやすい状況にする

②長時間同じ姿勢をとらないようにして、こ

まめに身体を動かしたりストレッチを行う

③重いものを持ち上げる時は腰だけで持ち上

げずに、膝を曲げて膝を使って持ち上げる

などです。

ぎっくり腰にも筋肉性、関節性など痛みのあ

るポイント、痛みの強弱によって、保存療法

か運動療法か鍼治療かなど治療法も変わって

きます。当院でもぎっくり腰の治療を行って

おりますのでいつでもご連絡お待ちしており

ます。最後までお読みいただきましてありがと

うございます。

関連記事

  1. 寝違え

  2. 上腕二頭筋長頭腱炎

  3. モートン病

  4. 冷房病

  5. 脊柱管狭窄症

  6. 熱中症