シンスプリント

いつもご愛読ありがとうございます!この間

患者様に「このブログ、毎回読んでるよ!」と

お声掛け頂きました。今の時代、ワンクリッ

クで何でも検索出来てしまう中でこのように

言って頂きまして正直胸が一杯になりました

(≧∀≦)今後も引き続き、症状に関しましてわか

りやすく解説していきますので宜しくお願い

致します!

さて本日は「シンスプリント」についてお話

しをしていきます。

シンスプリントとは、繰り返しのランニング

やジャンプを過度に行ったオーバーユース症状

の1つで、過度の運動量、運動内容、運動時間

、硬い地面、ソールが薄く硬いシューズ、下肢

の形態異常、下腿三頭筋の柔軟性の低下、股

関節、膝関節、足関節の柔軟性低下、足関節

の可動制限などが発生の誘因になります。

病態は下腿内側筋群の疲労による柔軟性低下

、特にヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋付着物

が脛骨の表面を覆う骨膜を牽引して骨膜炎を

きたし、下腿内側に痛みを発生させます。

ランナーの発生頻度が高く、その20〜50%に

発生するといわれています。症状としては、

下腿内側部の圧痛、運動痛、腫脹が主症状

でつま先立ちで痛みが増強されます。

治療としては、腫脹があればアイシング、痛み

の強い急性期は運動の中止。局所の安静時期

からでも下肢の荷重運動を避けて、股関節、

足関節、アキレス腱を中心とした下肢のスト

レッチングを行います。もちろん、電気治療、

針治療も効果は高いです。そして、自発痛や

荷重時痛が消失したら、足趾でのタオルギャ

ザー、足関節のチューブトレーニングを行い

ます。トレーニング・運動療法などは状態を

見て行い、再発防止の意味も含めて行います

。疑問に思う事があればいつでもお問い合わ

せ下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

関連記事

  1. 月経前症候群

  2. 半月板損傷

  3. 寝違え

  4. 脱水症状

  5. CM関節症

  6. モートン病