モートン病

いつもご愛読ありがとうございます。

本日はモートン病についてお話しをしていき

ます。

モートン病は、足指の間に有痛性神経種が発

生する病気で、体重をかけると第3趾と第4趾

の間に焼けるような痛みや痺れなどが出現し

歩くと強く感じます。神経種といっても、本当

の腫瘍ではなく指にいく足裏の神経が、靭帯(

深横中足靭帯)に圧迫されて変形し腫大する

偽神経種です。中年以降の女性に多く発症

します。

原因は足先の荷重です。ハイヒール、幅の狭い

靴や底が薄くて硬い靴の他、硬い床の上での

運動などを繰り返すことにより発症します。

治療法は、インソールなどを用いて足のアー

チをサポートしたり、足にかかる負担を減ら

し局所の安静をはかったり、ハイヒールを履

かないようにする事があげられます。

神経種に鍼を行なって痛みを和らげ、周囲の

筋肉の硬さをとり中足靭帯の柔軟性を上げる

治療も行います。

お困りの方は是非ご連絡ください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

  1. 月経前症候群

  2. 上腕二頭筋長頭腱炎

  3. アキレス腱炎

  4. 筋緊張型頭痛

  5. 顎関節症

  6. ぎっくり腰には要注意

    冬はギックリ腰に要注意