上腕二頭筋長頭腱炎

40代、50代の方にみられる五十肩ですが

正式には肩関節周囲炎といいます。その原因

になっている上腕二頭筋長頭腱炎についてお

話しをしていきます。

力こぶをつくる筋肉が上腕二頭筋です。付着

部の腱は長頭と短頭に分かれて主に痛めやす

いのが長頭部です。主な症状は、肩を動かす

時の痛みで痛みの重症度合いにより、夜寝る

前の痛みが強く出たり、軽く触れただけで痛

みを感じるようになります。痛みの個人差は

あります。上腕二頭筋腱炎の痛み方にはいく

つかパターンがあり、

①肩の前に痛みが出る。

②肩から力こぶ全域の筋肉が痛くなる。

③肩の前から手首まで痛む。

④肩の前側だけでなく後方部も痛む。

このような症状が出ます。原因としては野球や

バレーボール、水泳等の投球動作やオーバーへ

ッド動作を繰り返し行うスポーツによく発生

する他、中・高年の人では特に運動をしてい

なくても肩関節周囲炎の1つの症状として発

生することもあります。

原因の1つとして構造上の問題もあり、長頭

は結節間溝と呼ばれる上腕骨にある溝に入っ

ており、上腕骨と長頭に摩擦が起きやすい構

造になっているため、繰り返しのストレスが

起こる事で炎症や繰り返しの刺激によって

徐々に脆弱化して変性した結果、断裂に至る

場合もあります。

治療法として、長頭腱炎の場合は手術ではな

く保存療法が一般的で、負傷直後はアイシング

などで痛みや炎症を抑えます。また、可動域

訓練、筋力強化訓練を行っていきます。

当院では症状に応じて針治療、高周波温熱治

僚器のラジオ波を使って筋肉の柔軟性を上げ

たり、筋力強化のリハビリをする事が可能で

す。

上記の事でお悩みやわからない事がありまし

たら是非ご相談下さい。

最後までお読み頂きましてありがとうござい

ます。

関連記事

  1. 花粉症治療

    花粉症にお困りではないですか!?

  2. 脊柱管狭窄症

  3. ロコモティブシンドローム

  4. モートン病

  5. 冷房病

  6. オスグットシュラッター病