低血圧

いつもご愛読ありがとうございます。

本日は、「低血圧」についてお話しします。

低血圧とは、身体全体を流れる血液の勢いが

弱い状態であり、最高血圧100mmHg未満の

事です。低血圧だと、朝が弱く、中々起き上

がれないなどの症状があります。つまり、血

液がうまく流れない事で、身体のエンジンが

かかりにくくなってしまいます。

低血圧は男性より女性の方がなりやすく、女

性の5人に1人は低血圧と言われています。理

由としては男性と女性とでは筋肉量の違いが

関係しています。重力によって、下半身に流れ

た血液を筋肉のポンプ作用で心臓に送り戻す

力が弱く低血圧になる一つの要因でもありま

す。自律神経の乱れで低血圧にもなりやすいの

で、ストレスを溜めない事や早寝早起きの規

則正しい生活を心がける事が大切です。血液

の量も関係しているので、低血圧の人は塩分

を少し多めに摂取してみて下さい。さらに1日

の水分量も増やしてみて下さい。

当院では自律神経のバランスを整える治療も

行っておりますので是非ご相談頂ければと思

います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

関連記事

  1. 冷房病

  2. 胸郭出口症候群①

  3. オスグットシュラッター病

  4. 月経前症候群

  5. 筋緊張型頭痛

  6. CM関節症