正中神経麻痺

いつもご愛読ありがとうございます。今回は

腕の疾患である正中神経麻痺についてお話し

していきます。

正中神経麻痺とは、腕・指の運動や感覚を支

配する正中神経が障害され、運動障害や感覚

障害を呈するようになった状態を指します。

正中神経は親指と人差し指、中指、そして薬

指の一部にかけての手のひら側の感覚を担っ

ています。また正中神経は運動機能も担って

おり手首を曲げる場合に働きます。さらに、

親指の付け根に存在する母指球筋と呼ばれる

筋肉も支配しており、親指と小指と合わせる

動作も担っています。正中神経は、手を曲げた

りする時に重要な神経です。手の動作は多く

の筋肉によって支配されており、正中神経は

手の支配神経のなかでも重要な位置を占めて

います。したがって、正中神経麻痺を生じる事

で緻密な手の運動機能が著しく障害を受けて

しまいます。

正中神経麻痺の原因はいくつかありますが、

外傷であったり、腫瘍や神経が何らかの原因

で障害を受けたりする場合があります。

当院では根本的な原因を判別し、それに合わ

せて治療を行います。

気になる事が御座いましたら是非ご相談下さ

い。

最後まで読んで頂きありがとうございました

た。

関連記事

  1. 臼蓋形成不全

  2. CM関節症

  3. ぎっくり腰には要注意

    冬はギックリ腰に要注意

  4. 橈骨神経麻痺

  5. 脱水症状

  6. 上腕二頭筋長頭腱炎