テニス肘

いつもご愛読ありがとうございます!

今回は「テニス肘」という疾患にスポットを

当ててお話ししていきます。

テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し

行った事で肘に痛みが出る症状で、バックハ

ンドストロークで肘の外側を痛めるバックハ

ンドテニス肘とフォアハンドストロークで肘

の内側を痛めるフォアハンドテニス肘があり

ます。

どちらもボールがラケットに当たる時の衝撃

が手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返

し加わることによって微小断裂や損傷を来た

し発生するものと考えられます。

前者では手首を背屈する筋肉が付いている上

腕骨外側上顆(肘の外側の隆起部)に、後者では

手首を掌屈する筋肉が付いている上腕骨内側

上顆に発生するため、それぞれ上腕骨外側上

顆炎、上腕骨内側上顆炎といわれています。

ちなみにバックハンドテニス肘(上腕骨外側上

顆炎)の発生頻度については若年層で少なく30

代後半から50代に多いとのデータもあります

。セルフケアとしては前腕や指のストレッチ、

運動後、過度に使った後の局所のアイシング

などがあります。

当院の治療としては、鍼治療、ラジオ波、

グラストンテクニックがあります。

肘の痛みが気になりましたら是非お問い合わ

せ下さい!

最後までお読みいただきましてありがとうご

ざいました。

関連記事

  1. ロコモティブシンドローム

  2. 脊柱管狭窄症

  3. 寝違え

  4. 熱中症

  5. 変形性膝関節症

  6. 上腕二頭筋長頭腱炎