ロコモティブシンドローム

いつもご愛読ありがとうございます!本日は

「ロコモティブシンドローム」についてお話

していきます。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは

、骨や関節、筋肉などの運動器の働きが衰え

ると、生活の中の自立度が低下し、介護が必

要になったり寝たきりになるリスクが高くな

ります。

運動器の障害のために、要介護になったり、

要介護になるリスクが高い状態がロコモティ

ブシンドロームです。

ロコモティブシンドロームの簡単なセルフ

チェックをご紹介します。

①家の中でつまづいたり滑ったりする。

②階段を上るのに手すりが必要である。

③15分くらい続けて歩けない。

④横断歩道を青信号で渡りきれない。

⑤片足立ちで靴下を履けない。

⑥2kg程度の買い物(牛乳パック2個程度)を持

ち帰るのが困難である。

⑦家のやや重い仕事(布団の上げ下ろし、掃除

機の使用など)が困難である。

これらの項目に1つでも当てはまる方はロコ

モティブシンドロームの可能性が高まります。

この検査に該当していなくとも筋力の低下が

気になっていたり、以前出来ていたことが出

来なくなったなど身体に不安を抱えている方

は当院にご相談下さい。

ちなみに、本所地域プラザ「BIG SHIP」にて

毎週月曜日午後1時からの約1時間チェアー体

操を実施しています。また、向島にある「

シンフォニーバレエスタジオ」にて毎週金曜

日午後1時から同様のチェアー体操を実施して

おります。どちらも毎回500円になります。

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい!

最後までお読みいただきありがとうございま

した。

関連記事

  1. 半月板損傷

  2. 脱水症状

  3. 寝違え

  4. 胸郭出口症候群①

  5. テニス肘

  6. モートン病