橈骨神経麻痺

いつもご愛読ありがとうございます。

今回は手を動かす神経の1つである、橈骨神経

の麻痺についてお話ししていきます。

橈骨神経麻痺とは手や手首の運動・感覚を司

る橈骨神経に障害が生じる事を指します。

発症すると手が動かなくなるなどの症状が

出現するようになります。

橈骨神経は上腕の外側、前腕、指先の筋肉に

至るまで広く繋がっています。

長時間上腕部に圧迫をかけることで発症する

こともあるため、「腕枕症候群」と呼ばれた

り、新婚さんが新婚旅行先で発症する頻度も

多いため、「ハネムーンシンドローム」とい

った通称名もあります。

アルコールを飲んでた深い睡眠に落ち入った

場合に発症することもあります。

上腕骨の圧迫などで橈骨神経麻痺を生じると

、手の甲にしびれを感じるようになります。

機能障害としては手首を上げることが出来な

い、指を真っすぐに伸ばす事が出来ない、と

いった症状を呈するようになります。いわゆ

る「下垂手」と言う症状です。

筋肉の疲労による緊張でも発症する可能性が

ある橈骨神経麻痺、何か気になる事が御座い

ましたらいつでもご相談ください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

関連記事

  1. 胸郭出口症候群①

  2. 臼蓋形成不全

  3. 五十肩

  4. 筋緊張型頭痛

  5. 熱中症

  6. 低血圧