五十肩

皆さま、こんにちは!本日は「五十肩」につ

いてお話ししていきます。

五十肩は正式な医学的症状名でいうと肩関節

周囲炎と呼ばれる症状です。いわゆる、好発

年齢が40歳代、50歳代に多くみられるので

四十肩、五十肩と呼ばれているのです。

五十肩と呼ばれる病態は肩関節周囲炎

(5つに分類)と呼ばれる明らかな起因を証明し

にくい肩関節疾患の中の1つでもあり凍結肩

と呼ばれる事もあります。

主症状は①肩が動かしにくい(関節可動域制限)

②疼痛 があります。五十肩(凍結時)には、

(A)強い疼痛のフリージング期

(B)痛みは落ち着くが肩関節が固まってしまう

フローズン期

(C)固まった関節が徐々に改善されるソーイン

グ期

という3つの時期がありそれぞれの時期に適切

な治療を施す事で治癒を大幅に促進すること

が出来ます。治療を行うことと同じ位大切な

のことは病態の時期を見極めることにありま

す。比較的多い例として(A)のフリージングに

積極的に肩を動かしてしまい、悪化を招いた

り、肩の動きは悪いけれども痛くないからと

そのままに放置してしまって余計に筋肉や靭

帯、肩関節の柔軟性を悪くしてしまったり。

自己判断してしまうのは後々の治りの悪さを

招くリスクがあります。

いつもと何か違うな?とか普段感じない違和

感が感じられたりしたらすぐにご相談下さい

い。早期に治療した方が治りも早いこと間違

ないですよ!

最後までお読み頂きましてありがとうござい

ました。

関連記事

  1. 冷房病

  2. 胸郭出口症候群①

  3. 臼蓋形成不全

  4. モートン病

  5. シンスプリント

  6. 顎関節症