顎関節症

いつもご愛読ありがとうございます!

本日は「顎関節症」についてお話し致します

。「顎関節症」はその症状名の通り顎関節に

痛みが出たり、バキッやガクッなどの音が鳴

る、口が開かなくなったり、口の開閉時に痛

みが発生するなどの症状が出現します。発生

の原因はいくつかあり、例えば下顎の骨と頭

蓋骨の接合部にある関節円板というクッショ

ンの役目を果たす組織のずれや、ものを噛む

ときに使われている咀嚼筋という筋肉の障害

も考えられます。長時間または慢性的にこの

筋肉に負荷が掛かることで痛みが発生します

。この他、関節包や靭帯などの軟部組織の障

害によって起こるもの、変形性関節症で起こ

る場合もあります。日常生活では、頬づえをつ

く、歯ぎしり、食いしばり、噛み合わせの問

題、左右どちらかだけで噛む、などが原因と

なって顎関節症が発生する場合もあります。

治療としては、顎関節周囲の筋肉を緩めた

り、正しい顎関節の動きを作るということ

を治療としていきます。

お困りの方は是非お問い合わせ下さい!

最後までお読みいただきありがとうございま

す。

関連記事

  1. 花粉症治療

    花粉症にお困りではないですか!?

  2. 胸郭出口症候群①

  3. 臼蓋形成不全

  4. ぎっくり腰

  5. 冷房病

  6. 上腕二頭筋長頭腱炎