オスグットシュラッター病

いつもご愛読ありがとうございます。

本日はオスグットシュラッター病についてお話

をしていきます。

オスグットシュラッター病は膝関節のお皿の

下の骨が徐々に突出してきて、痛みや時には

、赤く腫脹したり、熱をもったりします。サ

ッカーやバスケ、バレーボール、陸上などのク

ラブ活動をしている12〜13歳前後のスポーツ

をしていり少年少女に起こりやすいのが特徴

です。

原因としては太ももの筋肉である大腿四頭筋

の過度な収縮を繰り返すことにより膝蓋腱の

脛骨付着部(お皿の下の骨)が刺激を受け続け、

大腿四頭筋の牽引で膝蓋腱脛骨付着部の剥離

損傷と考えられています。

症状は脛骨粗面部の運動時痛、膨隆、圧痛な

どです。また安静時痛はほとんどないです。

オスグットシュラッター病は成長軟骨板が閉

じる頃には症状が治まり脛骨粗面が隆起した

まま治癒していきます。

治療は症状が軽症の場合は運動制限、ハムス

トリングスや大腿四頭筋のストレッチを行な

ったり、症状が強い場合は炎症が治まるまで

局所の安静を促すため膝を伸ばした状態を保

ち運動を禁止させたりします。

お困りの方は是非ご連絡ください!

最後までお読み頂きありがとうございます。

関連記事

  1. 五十肩

  2. ロコモティブシンドローム

  3. CM関節症

  4. 寒さで肩こりになる

    寒さが原因の肩コリを緩和するには

  5. テニス肘

  6. 橈骨神経麻痺