臼蓋形成不全

いつもご愛読ありがとうございます!

今日は「臼蓋形成不全」についてお話しをし

ていきます。

最近、脚の付け根が痛く、足を動かしずらい

、違和感があったり、歩いたりすると股間節

が痛むなどと感じておられる方、それはもし

かしたら変形性股関節症の疑いがあります。

変形性股関節症は、日本人の場合、「臼蓋形

成不全」という股関節の障害が原因で発生し

ています。しかし、臼蓋形成不全の初期は、

運動後に重だるい痛みが起こっても、運動を

中止するとすぐに治ってしまうという事があ

るため気づかない場合もあります。

臼蓋は、股関節でボール状の大腿骨の骨頭を

屋根のように収めている部分の事です。

臼蓋形成不全の股関節はこの屋根が浅く、狭

い状態のため、荷重を分散することができず

負荷がかかり続け、軟骨がすり減ってきます。

臼蓋形成不全の方は体重を支えるのに力学的

に不利な状態にあるので、放置してしうと変形

性股関節症になってしまうのです。

治療法としては股関節にかかる負担を減らす

ためにダイエットをしたり、股関節周囲の筋力

をつけることが重要になります。

股関節の痛みでお悩みの方はお気軽にお問い

合わせ下さい。

最後までお読みいただきありがとうございま

す。

関連記事

  1. 顎関節症

  2. 五十肩

  3. 胸郭出口症候群①

  4. テニス肘

  5. 上腕二頭筋長頭腱炎

  6. ぎっくり腰